2021.02.26

認知症が進むとどうなる|進行の段階ごとの特徴について説明

最終更新日:2021.06.07

認知症の進み方

高齢者

家族の介護をしている方にとって、認知症は決して他人事ではありません。認知症は高齢者によく見られる病気のひとつですが、進行具合により症状が異なることをご存じでしょうか。認知症は、軽度認知障害から早期・初期、中期、後期・末期のように症状が進行します。段階によって症状が異なるため、介護を行う方も接し方を変えなくてはなりません。本記事では、認知症の進行度合いごとの症状、接し方などを解説していきます。

認知症の手前にはグレーゾーンがある(軽度認知障害)

 

介護認知症になると、周りの人や自分のことまで忘れてしまう、といった印象を持つ方は少なくありません。たしかにそれも認知症の症状ですが、実際にはさまざまな症状が存在します。また、認知症には軽度認知障害と呼ばれるものがあり、これはまだ完全に認知症には至っていない段階です。軽度認知障害は、主に老化が原因といわれており、もの忘れが酷くなったような症状が特徴です。また、部分的に記憶が抜け落ちてしまうケースもあります。

軽度認知障害の段階で気付けば、予防も可能

認知症と診断されてしまうと、そこから大きく症状を改善させることは困難です。進行を遅らせることはできますが、根本的な治療が難しいのが現状なのです。ただ、軽度認知障害の段階なら、適切な対策を行うことで完全に認知症へ移行するのを防げます。認知症を予防するためにも、軽度認知障害の症状が確認できたら、なるべく早めに病院で診察を受けることをおすすめします。

早期・初期

介護

認知症の早期・初期段階においては、集中力や判断速度の低下などが見られます。約束を忘れてしまったり、同じことを何度も繰り返すようなこともあります。この段階では、急激に症状が悪化するケースは少なく、少しずつ症状が進行していくことが特徴です。

本人の状態

この段階では、もの忘れが目立ちます。鍵や財布、携帯電話など持ち物をなくしてしまう、同じものを何度も購入してしまうといったケースも少なくありません。また、判断速度が以前に比べて鈍くなり、理解力が低下してしまいます。周りの人の会話についていけなくなる、信号が変わりそうなのに横断歩道を渡ろうとしてしまう、など。集中力も低下してしまうため、ひとつのことを続けられなくなることが多いようです。たとえば、今までは小説を読むことが大好きだったのに、まったく読まなくなった、没頭していた趣味をやめてしまった、といったことが該当します。

接し方のポイント

介護者や家族など、周りの人は本人の不安を煽るようなことを口にしないよう注意しましょう。「認知症なんじゃないの?」と何度も詰問したり、責めるような口調で迫るのもNGです。理解力や判断力が低下しているため、会話についていけなくなる可能性があります。そのため、なるべく丁寧かつゆっくり話してあげることを心がけましょう。ケガや事故などのリスクも高まるため、普段から行動を気にかけてあげることも大切です。

中期

車イス

この段階になると、症状が進行するスピードは少しずつ速くなります。初期に比べて記憶障害が進行してしまい、他人の言葉が理解できなくなる、物事の手順がわからなくなる、といったことが増えます。本人の不安をいたずらに煽らず、問題行動が出ないよう周囲は気を配ってあげなくてはなりません。

本人の状態

記憶障害が初期段階よりもさらに進んでしまうため、いろいろなことを忘れてしまう可能性があります。家族や友人などの名前がなかなか出てこない、約束した日時を完全に忘れてしまう、といったことも増えてしまいます。周りの人が話していることをあまり理解できなくなり、会話に入れなくなることも少なくありません。そのため、今までお喋りが好きだった方も、急に物静かになってしまうことがあります。この段階になると、イライラすることが多くなり、周りに当たり散らすことも増えます。覚えていたはずのことが思い出せず、周りの会話にもついていけないため、ストレスが溜まってしまうのかもしれません。お金や薬などの管理も自分でできなくなることが増えるため、周りが気をつけてあげる必要があります。

接し方のポイント

中期段階まで症状が進行すると、認知症らしいさまざまな症状が確認できます。今までしっかりしていた人が、突然変わってしまったようで家族は悲しくなるかもしれませんが、変化をきちんと受け止めましょう。そのうえで、問題行動を起こさないよう注意が必要です。この段階になると、イライラして大声を上げたり、周りを見ずに道路へ飛び出したりといった、問題行動を起こすことが少なくありません。普段から行動に注意し、薬の誤飲にも注意してあげましょう。

後期・末期

認知症における最終段階です。中期に比べると症状の進行スピードはややゆるくなります。この段階まで症状が進んでしまうと、家族はもちろん自分のこともよくわからなくなり、会話が成り立ちません。

本人の状態

家族のことがわからなくなり、他人と接しているような口調になることがあります。また、ケースによっては自分の名前を思い出せなくなることも。今までのような会話もできなくなります。勝手に家を出て行ってしまう、暴れるといった問題行動を起こすケースも珍しくありません。家族も介護疲れを起こしてしまうおそれがあるため、注意が必要です。この段階になると、1人で日常生活を送るのはほぼ不可能です。全面的な介護が必要となり、四六時中誰かが見守ってあげる必要性も生じます。また、人によっては運動機能が大きく低下してしまい、寝たきりになることも少なくありません。

接し方のポイント

できるだけ目を離さないことが大切です。寝たきりなら問題行動の心配はありませんが、突然体調を崩してしまうこともあるからです。日ごろから、健康面のチェックをきちんと行ってあげましょう。尿意や便意を伝えられない可能性もあるため、そのあたりも気をつけてあげてください。薬の管理や感染症などにも注意しましょう。

増田 高茂
社会保険労務士 介護支援専門員 介護福祉士 第二種衛生管理者
多くの介護事業所の管理者を歴任。小規模多機能・夜間対応型訪問介護などの立ち上げに携わり、特定施設やサ高住の施設長も務めた。社会保険労務士試験にも合格し、介護保険をはじめ社会保険全般に専門知識を有する。現在は、介護保険のコンプライアンス部門の責任者として、活躍中。