2021.09.06

在宅介護の限界点について 見極め方を解説

最終更新日:2021.09.06

介護が必要になればヘルパーやデイサービスなどの介護保険サービスを使います。そのうえで、在宅で見ることが出来なくなったら施設や病院などに移動し、最期を迎えるというケースが非常に多いです。それでは見ることが出来ない状況というのはどのような見極め方があるのでしょうか。ここでは在宅介護の限界点について解説していきます。正しい見極め方を知っておきましょう。現在在宅で介護をしている方はもちろんですが、将来的に在宅介護をする予定の方、在宅で働いているヘルパーさんなどは是非参考にしてください。

自宅での介護が限界と感じる時とは

在宅介護の限界

在宅介護はあくまでも自宅で過ごせるような方を自宅で介護することです。つまり自宅で見ることが出来ない方は介護をすることが出来ません。自宅で介護が限界と感じる時は、医療的な問題、家族の問題、要介護者本人の問題の大きく分けて3つあります。それぞれの問題にはどのような理由や原因、解決策があるのでしょうか?

医療的な問題

医療的な問題

医療と在宅介護は深くかかわっており、病院での医療がどうしても必要な場合は自宅でみることができません。医療と在宅介護、どのようなポイントがあるのでしょうか?

病院での医療的な援助が必要な場合

病院での医療的な支援が必要な場合とはいったいどのようなものがあるのでしょうか?例えば、人工呼吸器などは基本的には自宅でみることが出来ません。医療器具も必要ですし、機器の定期的なメンテナンスなどもあります。また、人工呼吸器に伴う中心静脈栄養や胃ろうなどの栄養管理、痰吸引なども必要になります。胃ろうや痰吸引だけであれば自宅でも問題なくみることができますが、やはり人工呼吸器をつけている場合は、胃ろうや痰吸引もリスクがありますので、医療関係者が対応する必要があります。さらに注意したいこととしては、治療が必要な場合です。家族や本人がどうしても自宅で過ごしたいと思っている場合によく起こることなのですが、治療が必要であるにも関わらず自宅で過ごすことを目的にしているために、入院や施設に入ること=悪いことだという認識で、病院には行かず自宅で過ごすことを選択してしまうケースです。治療が必要な場合は、やはり病院などの医療的な環境が整っている所の方が望ましいと言えるのです。無理せずに自宅から離れて治療をする方が望ましいといえます。

自宅で医療的な援助が受けられる場合

昔は少しの医療が必要な場合でも入院することが望ましいとされていましたが、現在ではそのような考え方ではありません。簡単に操作できる医療機器があり、自宅にいながらでも医療を受けることが出来やすい世の中になっているのです。例えば、看護師が訪問する訪問看護を受けることができ、場合によっては医師の往診を受けることもできます。居宅療養管理指導という介護保険のサービスがあるので、薬も薬局から持ってきてもらうことができ、歯科の往診や栄養士による栄養指導も受けることが出来ます。医療が必要なら即座に入院という訳ではないので、そのあたりの見極めが大切になってきます。

家族の問題

家族

在宅介護を行う上で必要なのは、家族の支援と介護保険サービスの支援です。もちろん家族の支援も受けられない方もいますが、その場合は介護保険サービスの支援だけを受けることになります。

家族がいる場合

家族がいて、介護を受けられる場合は、認知症になったとしても在宅介護を続けていくことが出来るでしょう。家族介護のポイントとしては、家族の生活が成り立つうえで、介護を続けていけるかどうかということです。例えば、家族が仕事をしており仕事をしないと生活が成り立たないという状況や家族が在宅介護を続けていく中で、強いストレスを抱えてしまっている状況では、デイサービスやショートステイなどの施設型の介護保険サービスを受けることによって在宅介護を続けていくことが出来ます。家族がいないといるとでは、在宅介護の限界点は大きく変わっていきますので、そのあたりもポイントとして押さえておきましょう。家族が強いストレスを抱えてしまっている状態は2つあります。

① 閉鎖的になることが多い
介護者と要介護者が同じ家で過ごすことで、外部との交流が少なくなり、介護者は精神的に追い込まれてしまいます。主たる介護者が一人で抱え、同居するほかの家族からも孤立してしまう場合があります。さらに、家族が慢性的な疲れから、病気になってしまうことや、介護鬱などにより介護への意欲が急速に落ちてしまうことがあります。介護の意欲が減退し、ストレスから要介護者に向かう心配も出てくるので、注意しましょう。

② 仕事中にも連絡が来る
家族の生活のために、仕事をしながら在宅介護をしている方もいると思います。仕事中にもかかわらず、要介護者や要介護者が通っている病院の主治医から連絡が入り、やむを得ず電話に出なければならない場合があります。そのたびに、話を聞いたり、職場から自宅へ戻ったりと、職場に迷惑をかけてしまい、強いストレスを抱えるようになってしまう場合があります。

家族がいない場合

家族がいない、家族から介護を受けることが難しいという方は増加してきています。特に独居で暮らしている高齢者の場合は、それが当てはまるでしょう。こういった方の場合は、介護保険サービスだけを受けて過ごすことになります。介護保険サービスは訪問介護やデイサービス、訪問看護など様々な種類のサービスがありますが、唯一の弱点があります。それは継続して長時間サービスを受けられないということです。例えば、訪問介護の場合は長くても1時間ほどのサービスしか受けることが出来ません。デイサービスであれば8時間ほどのサービスが受けられますし、ショートステイであれば1週間ほど介護のサービスを受けることが出来ますが、基本的には24時間365日のサービスを受け続けることが出来ないのです。つまり、24時間365日介護を受ける必要がある方は難しいでしょう。それはどのような人になるのでしょうか。答えは認知症の方です。認知症でも問題行動があり、常に見守りが必要な方の場合は介護保険のサービスだけで生活をしていくことは難しいといえます。

要介護者本人の問題

要介護者の問題

要介護者が住み慣れた家での生活を希望している場合でも、様々な問題により、自宅での生活が困難な場合があります。日常生活や住まい、外出時で危険と判断されるサインについて是非チェックしてみてください。

日常生活の危険サイン

食事や入浴、排せつや着替えなど、日常生活に必要なことを親は自分自身で行えていますか?高齢になると温度に無頓着になり、冬に冷房と暖房を間違えて入れてしまっても気づかない場合があります。また、食べ終わった食器も洗わずそのままにしたり、洗濯物をためてしまったりと、不衛生にしている場合は注意が必要です。特に料理をしていて、火を消し忘れてしまうなど火の始末は命にもかかわります。親の様子が明らかにおかしくなってきた場合には、自宅での生活が困難であるかもう一度判断し直したほうが良いです。

住まいでの危険サイン

高齢になると身体機能が低下し、転倒リスクが高まります。手すりがついていても、玄関や階段の昇降が難しくなる場合があります。転倒をきっかけに入院すると、退院後、自宅に住み続けることが出来ないリスクがあります。自宅に危険な段差はないか確認してみましょう。

外出時の危険サイン

通いなれた道であれば帰れるが、横道に入ったとたんに戻れなくなり、道に迷うことが多くなってきたら注意が必要です。帰り方がわからずに、かなり遠くまで歩いて行ってしまう可能性があります。警察から保護の連絡が来てしまった場合には、その時点で在宅介護は難しいと考えたほうが良いかもしれません。

施設入居を検討する

施設入居の検討

施設の種類は非常に多く、判断に困惑するかもしれません。公的施設は、介護保険施設とも呼ばれており、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護療養型医療施設(令和5年度末廃)、介護医療院があります。これらの施設は所得による軽減措置もあり、比較的低コストで入居ができますが、みんなが入居したいと思っているため、入居までに時間がかかる場合があります。それ以外は、民間施設の位置づけで、各施設に特徴があり、自立の方も受け入れています。施設入居の手続きは、見学、仮予約から入居申し込み、本人面談、受け入れ審査となります。健康診断書も必要となります。入居を急ぐ場合は、行く数の工程を同時に進めていくので、初めての時はひとりでは難しいかもしれません。その場合は、施設探しを無料で相談に乗ってくれる会社もあるので相談してみましょう。

家庭にあった方法を選ぼう

家族

在宅介護に限界を感じた際、どうしたらよいか悩んでいる方も多いと思います。1人で抱え込まず、まずは家族や友達など身近な人に相談してみましょう。そのほかにも相談窓口などに相談してみるのも良いでしょう。そして、これ以上限界を感じないよう、介護保険サービスを利用したり、施設入居を検討したり、それぞれの家庭にあった方法を選びましょう。介護者も要介護者も、共倒れしないように今の在宅介護を見直してみることが大切です。

増田 高茂
社会保険労務士 介護支援専門員 介護福祉士 第二種衛生管理者
多くの介護事業所の管理者を歴任。小規模多機能・夜間対応型訪問介護などの立ち上げに携わり、特定施設やサ高住の施設長も務めた。社会保険労務士試験にも合格し、介護保険をはじめ社会保険全般に専門知識を有する。現在は、介護保険のコンプライアンス部門の責任者として、活躍中。