快適な介護生活への想い

介護そのものは、ご本人様もご家族様も一般的には決して快適な状況ではないと考えている人も多いと思います。
そうだとするならば、これだけ超高齢化社会となった現状において、
多くの日本の国民は、介護により苦しい不幸な状況にいることになってしまいます。
それでよいのでしょうか?

私達は20年以上前から、介護の仕事に携わってきましたが、
近年、介護保険が浸透し安心、安全が行き届きつつある現在、多くの方々が明らかに介護に対する考え方で、
次のステージに移行しようとしていると感じられます。

それは、介護状態になったから不自由な生活も仕方がないと諦めるのではなく、
介護状態であってもご本人様もご家族様もお互い自由と自律を求め、
現状を受け入れながらも豊かで快適な生活を送りたいという想いです。

事実、私達は介護度が重くなっても、生きがいをもって幸せに暮らしている
多くのご家族様やご本人様と接してきました。

快適な介護生活とは?

生きがいをもって幸せに暮らしている方々に共通していることは、
現状を受け入れ、 介護サービスや福祉用具や便利なグッズ、または行政から提供される
さまざまなサービスを上手に利用し、 ご本人様もできる範囲で自立しようとする意志があり、
家族も介護を抱え込まず過ごしていることです。

しかし、残念なことに、そうしたサービスを何らかの理由により利用できず
途方に暮れる方々もまだまだ存在しています。
また、親の介護は問題が発生して初めて思案し困惑する方々も多く存在するということも現実です。

「人生100年時代」で全ての人に快適な暮らしを

「人生100年時代」快適な暮らしを

これからの人生100年時代に向けて従来のライフスタイルだけでなく、多様なライフデザインが必要になります。
その中で、介護を考え、携わるタイミングも多様化し、長期化していきます。

皆様には、私達の提供する情報コンテンツや専門相談員を利用し、
一人でも多くの方々が安心、安全はもちろん喜びまで感じられる暮らしを送っていただきたいと考えます。

当サイトがサイト名の通り、皆様のお役に立ち快適な介護生活を実現できるように、
コンテンツの充実と相談機能の強化を続けていきます。