2021.06.07

介護保険を利用して購入できる自動排泄処理装置の種類と特徴|快適介護用品・福祉用具

最終更新日:2021.06.08

特定福祉用具とは介護が必要な方のお困りごとを支援する用具の中で、利用する方の肌が直接触れる用具が対象となります。介護用品はレンタルすることができる商品もありますが、衛生面を考慮し肌が直接触れるポータブルトイレや入浴で使用するイスや手すり、特殊尿器の交換部品がそれにあたります。年間10万円という上限額はありますが、自宅で介護をする際に必要な用品の購入費用の一部を介護保険で控除することが可能です。控除を受けられるようになると、実際の価格の1~3割の自己負担で購入できるようになることもあります。保険対象用品のひとつ、自動排泄処理装置について見ていきましょう。

自動排泄処理装置はどんな状態のときに使うべきか

介護

自動排泄処理装置とは、排泄物を自動的に吸引できる介護福祉用品です。レシーバーとチューブ、タンク付き本体の3つからなり、レシーバーを要介護者に取り付けて、チューブを通してタンク付き本体に排泄物を送ります。要介護者のそばやベッドの横などに置き、トイレに行くことが難しいときや、強い便意・尿意によりトイレまでもちそうにないときに使用することが一般的です。

自動排泄処理装置はどんな悩みを解決することができるのか

高齢者_読書

自動排泄処理装置を導入することで、次の悩みを解決できることがあります。

解決できる悩み①トイレまで行くのが難しい

起き上がることが難しくトイレに行って排泄することができない場合には、自動排泄処理装置を用いてその場で用を足すことができます。また、急な便意・尿意を感じてトイレまでもちそうにないときも、自動排泄処理装置を使うならその場で排泄できて便利です。

解決できる悩み②すっきりと排尿・排便をしたい

トイレまで行くことができないときは、おむつやシートを使ってベッドの上で排泄することもできます。しかし、おむつやシートの上ではすっきりと出した気分にならないと感じる方も少なくありません。自動排泄処理装置を用いると、残尿感や残便感を軽減できることがあります。快適な気分を味わうためにも導入できる福祉用品です。

解決できる悩み③おむつでかぶれている

おむつを使い続けると、皮膚が荒れやすくなります。自動排泄処理装置を使うとおむつを取ることができるため、肌荒れが改善し、快適に過ごせるようになることもあるでしょう。

解決できる悩み④介護者の手を借りずに排泄したい

要介護者の状態によっては、自動排泄処理装置を要介護者自身が操作することができます。いつも介護者の手を借りているのが心苦しく感じている場合には、自動排泄処理装置の導入を検討できるかもしれません。また、介護者も夜中や忙しいときに排泄のサポートをすることが減り、身体的な負担軽減につながります。

解決できる悩み⑤トイレに行くのが大変で水分を十分に取れない

トイレに行く作業に苦痛を感じる要介護者や、排泄した後のおむつの感覚が苦手な方は、自発的に水分を控えて、あまり尿意を感じないようにコントロールすることがあります。自動排泄処理装置でその場で排泄できるようになれば、気兼ねなく水分を摂取し、尿意を抑えずに過ごしやすくなるでしょう。

自動排泄処理装置を利用するメリット

介護

自動排泄処理装置を自宅に導入することで、次のようなメリットを得られることがあります。

メリット①トイレに行かずに排泄できる

トイレに行くことが大変な方や苦手な方も少なくないでしょう。自動排泄処理装置があるならばベッドの上で排泄できるようになります。

メリット②介護者の負担を軽減できる

自動排泄処理装置によってトイレに行く途中で漏らしてしまうことも減るため、介護者の掃除や洗濯も減らすことができます。また、要介護者自身が自動排泄処理装置の操作をできる場合は、排泄をサポートする作業も減るため、さらに介護者の負担軽減につながるでしょう。

メリット③要介護者の衛生状態を向上できる

おむつの中に排泄する場合、すぐに介護者が気付かないと、いつまでも排泄物が皮膚に残ることになり、衛生的とは言い難くなります。自動排泄処理装置を使うならば排泄物が皮膚に付着しにくくなり、要介護者の衛生状態の向上にもつながるでしょう。シャワー機能付きの自動排泄処理装置を導入すれば、さらに衛生状態を良好に保ちやすくなります。

自動排泄処理装置の種類と選び方

介護ベッド

種類①小便用自動排泄処理装置

尿道付近にレシーバーを装着することで、尿を自動でタンクに送ることができる装置です。レシーバーの形状は男性用と女性用に分かれています。トイレに行くことはできても、夜間の排尿を自分でおこないたい方もご利用いただけます。

種類②大小便用自動排泄処理装置

トイレに行くことが難しい方向けの、尿だけでなく大便も処理できる装置です。洗浄から乾燥までできるものもあり、衛生的な生活に役立ちます。なお、小便用自動排泄処理装置も大小便用自動排泄処理装置も、本体とレシーバーが別々に販売されていることが少なくありません。これは次の章で詳しく解説しますが、本体はレンタルする場合のみ介護保険が適用され、レシーバーは購入する場合のみ介護保険が適用されるからです。そのため、本体もレシーバーもどちらも購入する場合には、価格にレシーバーが含まれているかも確認するようにしてください。また、レシーバーが汚れたときや機能に問題が生じたときは、買い換えることもできます。この場合も、介護保険が適用される範囲内で購入できることもありますが、購入額が年間10万円を超えている場合は自己負担になることもあるのでご注意ください。

自動排泄処理装置の費用

費用

自動排泄処理装置の本体の購入費用は、全額自己負担となります。ただし、介護保険の適用を受けて1~3割の負担でレンタルすることができるので、ケアマネジャーと相談してみましょう。大小便に使用できる洗浄・乾燥機能付きの自動排泄処理装置の本体は約80万円です。レンタルできないことも多いので、まずは家族と相談してみましょう。一方、小便用の自動排泄処理装置はレンタル対象品となっていることがあります。レンタル料金は月に8,000~10,000円ほどで、介護保険の負担割合が1割の場合なら自己負担額は月に800~1,000円程度です。本体料金は60,000~80,000円なので、長期間にわたって利用することが考えられる場合は、全額自己負担となりますが購入も検討できるかもしれません。なお、自動排泄処理装置に使用するレシーバーの購入費に関しては、介護保険の適用を受けられます。レシーバーは15,000~20,000円程度のため、介護保険の負担割合が1割の方ならば自己負担額が1,500~2,000円で購入することが可能です。レシーバーには男性用と女性用があり、女性用のほうが若干高額になることがあります。まずはケアマネジャーと相談して、最適なものを選びましょう。

まとめ

介護

自動排泄処理装置があることで、要介護者も介助者も快適な生活を送れるようになることがあります。特に排泄は一日に何度も起こる生理現象というだけでなく、仕方によっては衛生状態やにおいなどの問題が生じやすい行為のため、適切な介護福祉用品を使用することが必要になるでしょう。ぜひケアマネジャーと話し合い、ライフスタイルや自宅の環境に合う介護福祉用品をお選びください。また、自動排泄処理装置に関しては自己負担での購入と介護保険内でのレンタルを比較してみましょう。

遠藤 和優
介護職員初任者研修、福祉用具専門相談員、住環境コーディネータ2級
福祉用具貸与事業所に勤務し、住み慣れたご自宅での在宅生活を安全・快適に過ごしていただけることをミッションとして福祉用具・住宅改修を通して携わる。
現在は、お客様のお悩みやご相談を受け、福祉用具だけではなく様々な介護保険サービスの説明やご案内を介護相談センター相談員として取り組んでいる。