2021.06.07

介護保険でレンタルできる福祉用具 スムーズな移乗に役立つ移動用リフト|快適介護用品・福祉用具

最終更新日:2021.06.08

移動用リフトはどんな状態のときに使うべきか

移動用リフトとは、高齢者や要介護者などを移乗させるための福祉用具です。たとえば、高齢者をベッドから車椅子に乗せるとき、車椅子からベッドへ移すときなどに使用されます。高齢者や要介護者の中には、自分の意思で思うように体を動かせない方もいます。このような方のために、移動用リフトが用いられるのです。また、人の体を動かすときには大変な労力が必要であるため、介護者の体にも大きな負担がかかります。それを軽減する目的でも、移動用リフトが使用されます。

移動用リフトはどんな悩みを解決することができるのか

 

悩む_女性

利用者の安全性を確保できる

ベッドで寝ている方や、上半身だけ起こしている方を車椅子へ移乗させるのは大変な労力です。慣れていない方がやろうとすると、利用者と一緒に転倒してしまうリスクもあります。体を変な方向へ捻ってしまったり、膝や腰などに余計な負担がかかったりと、さまざまなリスクが考えられるのです。移動用リフトがあれば、高齢者や要介護者の体を吊り上げられるため、介護者に筋力は必要ありません。スムーズに移乗できるため、介護者と利用者、双方の身体的な負担を軽減できるのです。その結果、利用者の安全確保にもつながります。

スムーズな移動をサポート

たとえば、利用者や要介護者がトイレに行きたい場合、できるだけ早く車椅子へ移乗させてあげなくてはなりません。移動用リフトを使用しない場合では、いたずらに時間が過ぎてしまい、トイレに間に合わなくなってしまうおそれがあります。ベッドで寝ている方、もしくは上半身だけ起こしている方を、車椅子へ移動させるには知識と技術が必要です。介護職ならまだしも、そうでない方ならスムーズに移乗できず、利用者もストレスを感じてしまうでしょう。移動用リフトがあれば、このような事態も回避できます。

介護者の負担を軽減

介護者が介護中にぎっくり腰を発症した、とのケースは少なくありません。何十キロもある人の体を動かすのは、それだけ腰や膝などに負担がかかります。ぎっくり腰でなくても、足腰を傷めてしまうと、それ以降介助はもちろん、仕事や私生活にも影響をおよぼしてしまいます。介護者の負担を軽減するためにも、移動用リフトの導入は必要です。移動用リフトがあれば、介護者の身体に大きな負担がのしかかることはありません。慢性的な腰の痛みに悩まされている介護者の方にも、移動用リフトの導入はおすすめです。

移動用リフトの利用時における注意点

介護_レクリエーション

種類により家屋の工事が必要

詳しくは後述しますが、移動用リフトには複数の種類があります。導入する移動用リフトによっては、家屋の工事が必要となるケースがあるため注意が必要です。工事が必要なのは、床走行式や天井走行型と呼ばれるタイプです。前者は、畳の上では使用しにくいため、床をフローリングに張り替えなくてはなりません。後者も、専用のレールを設置しなくてはならないため、大掛かりなリフォーム工事が必要です。導入する移動用リフトの種類や、設置する場所などによって、工事の有無や規模が変わります。そのため、導入前には住宅改修の専門家へ相談することをおすすめします。

吊り具は購入が必要

移動用リフトは、機械だけ導入しても使用できません。移動用リフト本体以外に、利用者の体を包み込むシート、吊り具が必要です。吊り具には、セパレートタイプや脚分離タイプ、シートタイプなどがあり、それぞれに特徴があるため、正しく理解して選ばなくてはなりません。なお、移動用リフト本体は介護保険の貸与対象ですが、吊り具は対象外です。つまり、本体はレンタルできますが、吊り具については自費で購入しなくてはならないのです。そのため、移動用リフトを導入する際には、吊り具を別途購入しなければならいことを覚えておきましょう。

メンテナンスは必須

移動用リフトに不具合が生じてしまうと、利用者はもちろん介護者もケガをするおそれがあります。重大な事故を引き起こすおそれもあるため、異常がないか日ごろから入念にチェックするクセをつけましょう。メンテナンスは専門業者に任せなければなりませんが、点検は介護者でもできます。まず、リフトベルトが劣化していないかをチェックしましょう。リフトベルトが劣化していると、使用中に切れてしまい利用者が転落、転倒してしまうおそれがあります。ほかにも、普段耳にしない異音が聴こえないか、揺れ方に問題はないか、といった部分もチェックしましょう。少しでも違和感を覚えたら、早めに専門業者へ連絡してください。

移動用リフトの種類と選び方

介護

床走行式リフト

もっともポピュラーなタイプの移動用リフトです。台車にはキャスターが搭載されているため移動が容易で、複数の部屋で使用できます。設置工事も必要ありません。1人で操作できるため、介護者が1人しかいないケースや、利用者との体格差がある場合におすすめです。ただ、畳の上では本体が安定しないため、フローリングに張り替える必要があります。また、安定させるために本体の足が広く作られているため、狭い部屋では使いにくいのもデメリットです。

天井走行型リフト

天井に設置したレールを走行するタイプの移動用リフトです。介護者が高齢の場合には、電動タイプの天井走行型リフトがおすすめです。床走行式のように場所をとらないため、部屋が狭くても問題ありません。ただ、天井にレールを設置するのに工事が必要です。移動範囲に合わせてレールを設置しなければならないため、場合によってはかなり大掛かりなリフォーム工事が必要となります。当然、それなりのコストがかかります。

据置式リフト

ベッドの両横から上に向かってコの字型のやぐらを組み、上から吊り上げるタイプの移動用リフトです。移動できる範囲は限られますが、床走行式や天井走行型のように家屋の工事が必要ありません。自宅を工事したくない、コストを増やしたくない方に適しています。据置式リフトにもさまざまな製品があるため、サイズや機能を把握したうえで導入を検討しましょう。

まとめ

移動用リフトを導入すれば、利用者や要介護者の安全を確保でき、スムーズな移動もサポートできます。介護者の身体的負担も軽減し、腰痛やひざ痛などを予防できるのもメリットといえるでしょう。製品ごとの特徴を把握し、設置場所も考慮したうえで最適な移動用リフトを選んでください。

遠藤 和優
介護職員初任者研修、福祉用具専門相談員、住環境コーディネータ2級
福祉用具貸与事業所に勤務し、住み慣れたご自宅での在宅生活を安全・快適に過ごしていただけることをミッションとして福祉用具・住宅改修を通して携わる。
現在は、お客様のお悩みやご相談を受け、福祉用具だけではなく様々な介護保険サービスの説明やご案内を介護相談センター相談員として取り組んでいる。