2021.06.07

買い物が大変な方におすすめな福祉用具・介護用品

最終更新日:2021.06.08

買い物は、生活に変化を持たせるだけでなく、健康に大切な「歩く」機会を設けるきっかけとなります。しかし、荷物を持って歩かなくてはいけない買い物は、高齢者にとって負担になってしまうこともあります。外出の機会を失わないためには、買い物に便利な介護用品を使うことが大切。こちらでは、買い物が大変な方におすすめの介護用品を紹介します。

買い物に役立つ福祉用具・介護用品を選ぶポイント

高齢者

自分にとってよりメリットの大きい介護用品を選ぶためには、身体状況に応じたものを選ぶことが大切です。特に、買い物時に押して歩くことができる「歩行器」は、さまざまなタイプがあります。歩行がある程度安定している方には、小回りの利くコンパクトサイズがおすすめ。歩行に安定性を求める方であれば、車幅の広いボックスタイプが安心です。購入時は実際に手にとり、高さや重さに問題がないか確かめてみましょう。また、「近所の買い物に手軽に利用したい」「男性でも違和感のないタイプがほしい」という方には、ファッション性の高い「ショッピングカート」も選択肢となります。さまざまなデザインが販売されているため、好みに応じたものを見つけることができますよ。さらに、歩行が困難な方の活動範囲を広げてくれるのが「電動カート」です。充電式で動くカートにはハンドルが付き、病院やスーパーへの移動時にも役立ちます。長距離歩行が困難な方でも運転できるため、引きこもり予防や介護負担軽減にもつながるでしょう。

歩行器

歩行器

高齢者の買い物を便利にしてくれる歩行器は「シルバーカー」とも呼ばれます。両手を添えて前に押すタイプが多く、「杖で買い物に行くのは不安」という方にもおすすめです。シルバーカーや歩行状態や使うシーンに合わせ、さまざまなタイプから選ぶことができます。

持ち上げ型

持ち上げることができるコンパクトタイプは、初めてシルバーカーを利用する方にもおすすめです。小さいながらも収納スペースがあり、バスや電車で買い物に行くときに適しています。また、座面がついているものは、疲れたときに腰を下ろして休憩できるのもポイントです。安定性は大型のものに比べ劣るため、支えがあれば自立で歩行できるという方に向いていると言えるでしょう。

収納力が多い中型

持ち上げ型では収納力が足りないというときには、中型のシルバーカーを検討してみましょう。しっかりとした収納スペースがありながら、大きすぎず持ち運びしやすいことがポイントです。持ち運び型に比べタイヤも大きく、安定性にも優れています。

ボックス型

より車幅が広く、安定性が保てるのがボックスタイプのシルバーカーです。収納スペースも広く、座面もクッション性に優れています。ひじ掛けが付いているタイプは、立ち上がりしやすいこともポイントです。段差がある場所にも対応可能ですが、荷物を入れすぎると重たくなる可能性もあります。力の弱い高齢者には操作しにくくなることもあるため、注意しましょう。

ワゴン型

「シルバーカーには抵抗がある」という若年層にも好まれるのが、ワゴンタイプです。カゴ部分がワイヤー製のため、汚れても手入れしやすいというメリットもあります。座面がついているものであれば、ほかのシルバーカーのように座って休憩することも可能です。

2WAY型

車いすとシルバーカー、ふたつの機能を兼ね備えたタイプです。普段は自分で押しながらシルバーカーとして、疲れた時には座面に座り、車いすとして誰かに押してもらうことができます。安定性に優れ、ひじ掛けと足置きが付いていることも大きなポイント。車いすを買おうか検討しているという方にもおすすめです。

ショッピングカート

ショッピングカート

「1人でも歩行が可能」「買い物には行けるが荷物を持つのが大変」という方には、ショッピングカートがおすすめです。コンパクト性に優れ、荷物を入れても持ち運びしやすいというメリットがあります。さまざまなデザインがあり、選択肢が広いこともメリットと言えるでしょう。後ろ引きできるタイプもありますが、あくまでも「買い物用」であるため、歩行を補助するために使いたいという方は注意が必要です。

電動カート

電動カート

電動カートは、車いすに電動モーターがついた介護用品です。長距離歩行が難しい方でも、買い物や通院が可能となります。ハンドルがついているためバイクのように見えるものもありますが、運転免許は必要ありません。

電動カートを選ぶ3つのポイント

電動カートを選ぶときには、「フィット感」、「操作性」、「バッテリー性能」をチェックするのがポイントです。電動カートはバイクのようにバックミラーがついておらず、後方は首を回して確認しなくてはいけません。そのため、乗車したときの安定性が重要になります。ハンドルまで手が届くか、足元が安定しているかも合わせて確かめましょう。また、傾斜のきつい場所は、電動カートの使用は適していない場合もあります。そのため、自宅前に坂があったり、段差が合ったりする場合には注意が必要です。よく行く場所の道路環境なども事前にチェックしておきましょう。さらに、確認したいのがバッテリーの寿命です。電動カートはバッテリーによって動くため、使用するたびに充電しなくてはいけません。バッテリーの交換時期は使用頻度によって異なるため、購入時に確認しておくのがおすすめです。

まとめ

高齢者_歩行器

高齢になり足腰に不調を感じると、ついつい出かけるのが億劫になってしまいます。荷物が増える買い物は、杖歩行される方には負担となるケースもあるでしょう。歩行を安定させ、収納スペースのある歩行器は、高齢者の買い物をしっかりサポートしてくれます。歩行状態やシチュエーションに合わせ、さまざまなタイプを選択できることもポイントです。充電式の電動カートは、より活動範囲を広げたい方にも効果的。自分に合わせた介護用品を選び、外出や買い物の喜びを忘れずに過ごしていきたいですね。

遠藤 和優
介護職員初任者研修、福祉用具専門相談員、住環境コーディネータ2級
福祉用具貸与事業所に勤務し、住み慣れたご自宅での在宅生活を安全・快適に過ごしていただけることをミッションとして福祉用具・住宅改修を通して携わる。
現在は、お客様のお悩みやご相談を受け、福祉用具だけではなく様々な介護保険サービスの説明やご案内を介護相談センター相談員として取り組んでいる。