2021.06.07

【2021年最新版】安全にご自宅のお風呂に入るための介護用品の種類と特徴|快適介護用品・福祉用具

最終更新日:2021.07.08

お風呂の介護用品は、介護が必要な方や高齢者の安全な入浴をサポートするものです。こちらの記事では、身体を洗うときや湯船につかるとき、浴槽への出入時に利用する介護用品を紹介します。各アイテムの特徴や使用方法も解説しているので、ぜひ参考になさってください。

シャワーチェア

お風呂

シャワーチェアは浴室で利用するための、いすです。身体を洗ったり、髪を洗ったりするときには身体のバランスが崩れやすくなり、介護が必要な方は特に注意が必要です。そんな時に、背もたれや肘かけなどが付いたシャワーチェアを使えば、安定した状態で身体を洗うことができます。

ここでは、3つのおすすめのシャワーチェアを紹介します。

アロン化成 シャワーチェアFS

アロン化成 シャワーチェアFS

片手で折りたためるコンパクトタイプのシャワーチェアです。折たたんだ厚みは、業界でも最薄クラスと言われる15cm。使わないときには壁際に置けば、省スペース化が実現します。背もたれや肘かけが付いており、座った姿勢が保てる方であれば、ひとりで洗髪・洗身が可能です。

パナソニック シャワーチェアユクリアミドルSPワンタッチおりたたみN

パナソニック シャワーチェアユクリアミドルSPワンタッチおりたたみN

ワンタッチで折りたためる、操作性に優れたシャワーチェアです。背もたれの解除レバーを握るだけで、すばやくいすを折りたためます。広げる動作もかんたんで、背もたれを斜め下に押し付けるだけです。高齢者がひとりで入浴するときも、片手で自分の体を支えながら安全に操作できます。

島製作所 折りたたみシャワーチェア楽湯7550ST

島製作所 折りたたみシャワーチェア楽湯7550ST

折りたたんだ状態でも、自立するシャワーチェアです。座面や背もたれのパット、脚についたゴムキャップは取り外し可能。洗浄すれば、いつでも清潔な状態を保つことができます。ライトグリーンとパープルの選べる2色展開です。

浴槽内いす

浴槽内いす

浴槽内いすは、浴槽内に沈めて利用するいすです。踏み台として、浴槽への出入りに役立てることもできます。お湯のなかで座った状態が保てるため、立ち座りの動作も楽になる介護用品です。それでは、浴槽内いすを3つ紹介していきましょう。

アロン化成 ステンレス浴槽台Rあしぴた

アロン化成 ステンレス浴槽台Rあしぴた

上面にすべり止めシートがついた踏み台です。浴槽のなかに沈めれば、出入りの際の段差を軽減することができます。高さは10cmから30cmまで設定できる5タイプあり、自宅の浴槽サイズに合わせたものを選択できます。

パナソニック 浴槽台[ユクリア]軽量

パナソニックエイジフリー 浴槽台  ユクリア  軽量コンパクト1826 PN-L11726

「浴槽をまたぐときの踏み台として利用したい」という方におすすめの浴槽いすです。足を置いても危なくないよう、天面板にはすべりにくい素材が使用されています。4本の脚には、すべり止め仕様のミニ吸盤つき。使用する環境に合わせ、座面の高さを調整することも可能です。

浴槽台[ユクリア]ソフト

パナソニックエイジフリー 浴槽台  ユクリア  ソフトレギュラー1220 PN-L11620

 

座り心地の良いなめらかなクッションを採用した浴槽内いすです。踏み台ではなく、いすとして使用することが多い方におすすめの商品となります。使う方の体型や浴槽サイズに合わせ、高さは5段階に調整可能。オレンジ、ブルー、モカブラウンと3種類からカラーを選択できます。

浴槽てすり

浴槽てすり

浴槽てすりは、浴槽への安全な出入りをサポートする介護用品です。工事不要タイプであれば、必要に応じてかんたんに取り外しできます。シャワーベンチからの立ち上がりや浴室内の移動にも役立ち、転倒リスクを軽減できるアイテムです。2つのおすすめ浴槽手すりを紹介します。

アロン化成 浴槽手すりUST-130N

安寿 浴室手すりUST-130N

浴槽のフチをはさむタイプの浴槽てすりです。取り付けはハンドルを回して締め付けるだけなので、工具も必要ありません。利用する方の状況に合わせ、グリップの高さや幅も調整できます。湾曲したフチにも対応できる、利便性に優れたてすりです。

パナソニック 入浴グリップユクリアコンパクト130

パナソニック ユクリアコンパクト PN-L12211

ユニットバスにも固定できる浴槽てすりです。フチの厚さは4.5cm~13cmまで対応しており、厚みのある浴槽にも適しています。防カビ加工がほどこされているため、お手入れしやすいこともポイント。安全で快適な入浴をサポートしてくれます。

バスボード

お風呂

バスボードは、浴槽の端にかぶせて使用する介護用品です。上に腰かけながら、浴槽内に安全に移動できます。座面には手すりやグリップがついており、またぎ動作時も身体が安定するのがポイントです。最後にバスボードの2つのおすすめ商品を紹介します。

アロン化成 バスボードH-Lはねあげくん

アロン化成 バスボードH-Lはねあげくん

座面がはねあがるタイプのバスボードです。浴槽に入るときは座面に腰かけ、バスボードとして活用。フチをまたいだあとは座面をはねあげれば、ゆったりとお湯につかることができます。座面にはグリップがふたつ付いており、より安定したまたぎ動作をサポートします。

パナソニック バスボードL

パナソニック バスボード

浴槽内への移動をスムーズにしてくれるバスボードです。止め金具を使い、ズレをしっかりと防止します。軽量タイプのボードは、薄くて軽いこともポイント。使用する方の状況に応じ、好みのタイプを選択できます。

まとめ

お風呂

浴室内は段差が多く、転倒やつまずきのリスクが高い場所です。いすからの立ち上がりや浴槽への出入り時は、バランスをくずしやすくなります。介護用品は、高齢者の安全な入浴を実現してくれるアイテム。身体状況や環境に合わせた介護用品を活用し、安全な入浴タイムを楽しみましょう。

遠藤 和優
介護職員初任者研修、福祉用具専門相談員、住環境コーディネータ2級
福祉用具貸与事業所に勤務し、住み慣れたご自宅での在宅生活を安全・快適に過ごしていただけることをミッションとして福祉用具・住宅改修を通して携わる。
現在は、お客様のお悩みやご相談を受け、福祉用具だけではなく様々な介護保険サービスの説明やご案内を介護相談センター相談員として取り組んでいる。