2022.03.29

室内で簡単にダイエット!エアロバイクの効果とおすすめ商品について

最終更新日:2022.08.18
遠藤 和優
介護職員初任者研修、福祉用具専門相談員、住環境コーディネータ2級

毎日の仕事や家事、子育てなどが忙しいため、外出して身体を動かす機会が減り、運動不足になっている人が増えています。また、運動不足のため、健康診断でメタボリックシンドロームと診断を受け、悩んでいる人も多いです。一方で、運動不足を解消するために運動しようと思っているけれど、何が効果的な運動かわからないという人がいます。さらに、軽い散歩から始めてみようと決意したけれど、夏の暑さや冬の寒さ、梅雨の大雨などの天候の変化で、外出して運動することを躊躇してしまうこともあります。そこで今回は、これから運動を始めたいと思っている人に、室内でも簡単にダイエットができるエアロバイクについて、種類や選び方、おすすめの機種を交えながらご紹介します。

エアロバイクの特徴

エアロバイク

エアロバイクとは、ペダルを漕いで運動する室内用の自転車です。エアロバイクは、室内でテレビを見たりラジオや音楽を聴いたりしながら運動できるため、トレーニングジムに通ってストイックに運動することが苦手という人でも気軽に取り組めることが特徴です。また、ダイエットに効果がある有酸素運動と無酸素運動をバランスよく組み合わせることができるとともに、血行促進や美容、ストレス解消にも役立ちます。さらに、比較的コンパクトなため場所を取らず、膝や関節への負担が少なく、身体の衰えによるケガのリスクも低いため高齢者やリハビリにも適しています。

エアロバイクの種類

エアロバイク

エアロバイクには、使用する目的によってアップライトやスピンバイク、リカンベルトの三つのタイプに分かれます。アップライトタイプは、見た目や感覚が自転車に乗っているときと変わらないエアロバイクです。スピンバイクタイプは、車体の前方もしくは後方に、フライホイールという円盤状で大きく重いおもりが付いたエアロバイクです。リカンベントタイプは、もたれかかるという意味があり、座椅子のような背もたれが付いているエアロバイクです。

エアロバイクの選び方のポイント

エアロバイク

エアロバイクを選ぶ際の三つのポイントをご紹介します。

ポイント1.使用用途に合わせる

使用用途を明確にした上で購入します。初心者やダイエット目的に使用する場合は、上半身を起こした状態でペダルを漕ぐ、無理のない姿勢で運動できるアップライトタイプがおすすめです。また、本格的なダイエットやトレーニング目的に使用する場合は、上半身を前傾した状態でペダルを漕ぎ、おもりも付いているスピンバイクがおすすめです。さらに、高齢者やリハビリ目的に使用する場合は、背もたれに寄りかかった状態で足を屈伸してペダルを漕ぎ、足の位置が高くなることで上半身や心臓への負担が軽減できるリカンベントタイプがおすすめです。

ポイント2.自宅に置けるサイズを確認する

実際にエアロバイクを置く場所とサイズ感を把握しておきます。エアロバイクには、タイプによって重さが80kgを超えるものもあり、女性や力があまりないと感じる人が、置く場所を移動させることは困難です。また、部屋が狭くエアロバイクが生活空間を占拠してしまうことがないよう、購入前に自宅に置けるサイズかを確認しておきます。

ポイント3.価格と機能のバランスを考える

エアロバイクの価格は、5万円以上の高いものから、1万円以下の安いものまでありますが、機能を搭載した高めの商品がおすすめです。どうしても価格に目が行きがちですが、走行距離や回転数、消費カロリーや心拍数などが表示されるものや、自身の目的に合わせた機能を搭載したエアロバイクを選ぶことが、結果的に運動を継続することにもつながります。

ダイエットにおすすめなエアロバイクをご紹介

エアロバイクは、使用用途を明確にした上で、自宅に置く場所とサイズ感を確認し、自身の目的に合わせた機能を搭載した高めの商品を選ぶことがポイントであることを解説しましたが、さまざまな種類があるエアロバイクの中でも特におすすめは、大広株式会社の「ダイコーアップライトバイクDK-8920」です。

ダイコーアップライトバイクDK-8920

大広は、2006年の設立以来、一貫して「健康であるために」をテーマに、ルームランナーや室内用バイクを製造しています。また、歩くことや走ることが、老若男女、マシーンの置く場所さえあれば手軽にできるよう開発されています。特徴は、幅53cm、長さ110cmと半畳程度の大きさのコンパクトサイズ、使用時の音も静かで、マンションであれば下の階にも分からないほどです。また、マシーンの前後が斜めにカットされているため、乗り降りの際も足が当たりづらく、高齢者や女性でも安心してまたぐことができます。

さらに、インテリアにもなるほどのおしゃれなデザインで、使用する人の体格に合わせてサドルやハンドルなどのポジションを調整できるほか、負荷調整も電動で32段階の変更が可能です。そして何よりも、速度をはじめ走行距離や回転数、心拍数や消費カロリー、経過時間や負荷レベルグラフなどが表示されるなど機能が充実しており、さまざまな機能の数値が暗い場所でも一目で確認できるよう、見やすいブルーライトの液晶パネルも搭載しています。

その名の通り、見た目や感覚が自転車に乗っているときと変わらないアップライトタイプですので、初心者やダイエット目的の人にはとてもおすすめなエアロバイクです。
「ダイコー アップライトバイクDK-8920」の詳しい情報はこちらからどうぞ。
http://www.matuwell.jp/view/item/000000000007

より快適な生活にするために

エアロバイク

今回は、これから運動を始めたいと思っている人に、室内でも簡単にダイエットができるエアロバイクについて、種類や選び方、おすすめの機種を交えながらご紹介しました。エアロバイクは、有酸素運動と無酸素運動をバランスよく組み合わせることができるため、ダイエットに最適です。また、外出しなくても、室内でテレビを見ながら、音楽を聴きながらでも運動できるため、運動不足の解消にも効果的です。さらに、ダイエットや運動を始めることは、年齢を重ねるごとにハードルが高くなります。そのような場合でも、エアロバイクであれば気軽にダイエットや運動を継続してチャレンジすることができます。自身に必要な機能を搭載し、自宅に置けるサイズと使用目的に合ったエアロバイクで、気軽に運動を楽しみましょう。

平野たけし
介護福祉士、介護支援専門員、 第一種衛生管理者、 社会福祉主事任用資格、 認知症ライフパートナー3級 、福祉住環境コーディネーター2級 、メンタルヘルス・マネジメント検定試験2種 、ファイナンシャル・プランニング技能士3級

2018年9月まで、老人保健施設の介護士として14年間従事し、身体介護だけでなくイベントのプロジェクトリーダーを経験。介護福祉士・介護支援専門員・社会福祉主事、第一種衛生管理者、他多数の資格を習得する。2021年よりWebライター・電子書籍(Amazon Kindle)編集者として活動開始。様々なジャンルの書籍編集(加筆修正・構成・タイトル提案など)に8件携わり、ベストセラーを獲得。2年間の育児休業の経験があり、介護・子育ての記事執筆を得意とする。

note ■Twitter

遠藤 和優
介護職員初任者研修、福祉用具専門相談員、住環境コーディネータ2級

福祉用具貸与事業所に勤務し、住み慣れたご自宅での在宅生活を安全・快適に過ごしていただけることをミッションとして福祉用具・住宅改修を通して携わる。
現在は、お客様のお悩みやご相談を受け、福祉用具だけではなく様々な介護保険サービスの説明やご案内を介護相談センター相談員として取り組んでいる。